2018年7月6日金曜日

2018年7月4日  山中の昼食会 

2018.7.4 山中の昼食会  雨 8名

例年の昼食会は15回目だとの事、こんなに続くなんて主催者のお人柄や皆様との楽しい会話と食事が心地良いからなのでしょう。
今年はすき焼き、柔らかいお肉に皆さん大満足♪
あとは、もう定番になったそれぞれ持ち寄りの燻製チーズやスイーツの果物、勝山おやき、ゼリー二種、干し柿等々・・・
私はいつものように我が家の18番?のゼンマイの煮物。

今日は雨とあって登山者も無く登山口にある東屋は我々のみ、会話も進みましたが、最後はいつもの記念写真をとっていただきお開きに。
皆様、ありがとうございました(^O^)

2018年7月1日 鬼ヶ岳(532.5M) 福井県越前市

2018.7.1 鬼ヶ岳   晴れ 1名
連日猛暑、こんなに早くから暑くてはたまらないが、皆さん元気にあちこちの山に。
今日もJちゃんたちは三の峰から別山平へと出かけている。
午後から来客があるので私は不参加、それでいつものように文殊山か健康の森の散歩ではいけないかなと、鬼さんに久しぶりに出かけて来ました。
駐車場付近では沢山の人、地区の方々の作業奉仕で草刈り中でした。
暑い中本当に頭の下がることで、申し訳なく思いながらスタート。
すると登山道でも鎌や草刈り機、電動のこぎりを手にした方々が頂上に向かっています。

 今日も34度くらいになるとあって、暑い!! 各休憩場所でドリンクタイム。
地区の方も山に慣れていない方もいらして、辛そうな人も。心配~

暑さのせいかもやっていて白山方面は展望無し


いつもよりかなり時間かけて頂上に到着。ここでも大勢の方が草刈りや手入れを始めていました。本当に有り難うございます。一緒に上がって来た方に聞くとカントリーのほうへ降りる道は蜘蛛の巣だらけだからやめた方が・・・と言われたので、降りようかと小屋の外に出ると標識が。
 片道10分とあるので往復してみました。

 手入れされた小路が続き、木陰で助かります。

 西鬼ヶ岳の頂上、ベンチなどもしつらえてあり休憩には静かでなかなか良い感じ。
私はゆっくりしていられないので、すぐ引換し下山しました。
コンビニでアイス買って食べて身体を冷やしました。暑かったので二、三日食欲が久しぶりに落ちてしまいました。


2018年5月29日火曜日

2018年5月27日 鳴谷山(1.596.5M) 石川県白山市

2018.5.27  鳴谷山(1.596.5M) 晴れ 5名


福井(6:00)…登山口(7:45)…鎧ヶ壁(8:40)…(10:45)頂上(11:30)…分岐(12:50)…鎧ヶ壁(13:15)…登山口(14:00)…福井
                ( 休憩時間を含みます )
 久しぶりに山の会に参加。勝山市から白峰に向かい、桑島大橋を渡り林道に入ると、いつもながら道はガタガタと荒れた個所も多くゆっくりと進みます。日曜とあって駐車場はほぼ満車です。相変わらず京の宮とJちゃんは速く、そのうちSさんと3人はずっと先に。
私とミントさんはゆっくり写真タイムが多く時間がかかります。

  いつもながらお花はピンボケがほとんど・・・(-_-;)  春の定番 イワウチワ


シャクナゲが残っていました!この辺り沢山のお花で登山者を喜ばせてくれたのでしょうね。




    ピンボケですが、綺麗な色のが残っていてくれたので・・・

      タムシバの白は本当に真っ白~

 鎧ヶ壁に着くとミントさんの山友達のはるちゃん、YTAKAさんとかのグループが待っていました。私は初対面でしたが、皆さんお花に詳しくて写真を熱心に撮っていました。
ミズバショウの群生地では撮影タイム・・・
せっかくタケシマランと言うのを教えてもらったのにピンボケ・・・



 リュウキンカも可愛い、この黄色い色はフクジュソウなどと同じ鮮やかな色で、白いミズバショウと映えますね。


これもいつものようにドロドロの歩きにくい道を抜けて、尾根に出ると砂御前との分岐、そして大杉、足元にはチゴユリ、マイズルソウなど。今回は特にピンボケばかり・・・


バイカオウレン

青葉がまぶしい~!

アカヤシオ

ピンボケのツバメオモト

この時節は谷合の残雪と新緑で本当に風もすがすがしく空気が美味しい♪

ところどころ残雪のある登山道を抜けると視界が開け、まず大長山や赤兎山、奥に経ヶ岳
そしてお目当ての白山がどか~んとお姿を現します。


別山から三の峰~岐阜に続く県境の山々が

富山県側に目をやると、大笠に笈
沢山の登山者がランチタイム中、先の3人はもう食事も終わって待っていてくれました。
白山見ながらの昼食は美味しいですね。まだ白山への道路が十分でないとか。
そのうちはるちゃんたちのグループも到着、途中でイチョウランを見つけたとかで写真を拝見、場所も何となくお聞きしましたが結局わからず・・・涙
記念写真を撮りあってさあ下山です。

砂御前山など見えています

ダケカンバは新緑の真っ最中

オオカメノキ

ユキザサ

鎧が壁を歩くミントさん
花を探し探し歩いているのでまたまた遅れ、二人時間をかけた山行でした。
沢沿いの道には行ってからも長く感じられました。これって歳のせい?
駐車場に着くと気温が上がっていて小さな虫が増えていましたが、道中は虫に悩まされることなく楽しい一日でした。白峰の総湯に行くと満車とかで係員が別の所を誘導中、これではお風呂の中も大変だろうと、勝山のみずばしょうのお風呂に入って帰福。
皆さんどうもありがとう!

2018年5月10日木曜日

2018年5月9日 野坂岳(913.M) 福井県敦賀市

2018.5.6 野坂岳(913.5M)  晴れ時々曇り 6名

 野坂いこいの森(9:10)…一の岳(10:54)…二の岳(11:26)…三の岳(11:40)…(11:50)山頂(13:14)…いこいの森(15:00)
           (休憩時間を含みます)

以前から岐阜の友人達に山にと頼まれていたのがやっと実現、敦賀インターの出口で待ち合わせしていこいの森の駐車場に。今日は連休最終日とあって家族連れやボーイスカウトなど沢山の人で賑わっています。
Mさんは次女さんと長男のお孫ちゃんを連れて参加。コースタイム2時間半とあるし小学生になったばかりの男の子、大丈夫かなとちょっと心配でしたが頑張ってくれました。
ザックは若い次女さんに背負ってもらってましたが、おんぶすることなく歩き続けてくれて感心でした。お休みが多くゆっくりなので、私の主人も楽に登れたようです。
敦賀湾
                                 マムシグサ

 登るにつれて敦賀湾が見えて来て、岐阜は山が無いから~と上がってくる涼しい風と共に一休み。何度か沢を渡りますが小さい足で上手に石を選んで渡って行きます。
降りてくる登山者も多く、相変わらず気軽に登れる山として愛されているようですね。





一ノ岳辺りから上になるとブナが増えて来て若葉のブナの林は本当に癒されます。

    ブナ林を行くお孫ちゃんと次女さん とっても仲がいいんです。

 
イワカガミ  ( 高山のコイワカガミとの違いは花の向き、葉にギザギザがあるかないかで、もちろん全体にイワカガミは大きく葉にギザギザがあり、花が下向きに咲く)
二の岳を過ぎた辺りでうん?どこかで見覚えのある・・・と思ったら何といとこに遭遇!
お二人で丁度降りてくるところ、山好きな彼とは以前にも銚子ヶ峰の途中の小屋で偶然バッタリ!あったこともありましたっけ。



三の岳を過ぎると少し登りになって最後小屋が見えるともう頂上はすぐ。
お孫ちゃんは真ん中にある石の上に登ってご満悦、良く頑張りましたね。


若狭湾
今夜から天候は崩れるとあって雲は多くなり、ちょっと景色はぼんやりで白山は見えませんでしたが、若狭湾や琵琶湖方面、伊吹山などなんとか360度の展望は得られました。
みんなでランチタイム、主人以外はノンアルコールビールで乾杯! Aさん自家製のいちごのお美味しい事!餡子入りの草もちとか懐かしい味を満喫、お孫ちゃんは私のきゅうりのぬかみそ漬けをバクバクと食べてくれて、さすがお婆ちゃん子ですねと話は尽きません。


最後、記念写真を撮ってもらい下山開始。
ブナ林が本当に綺麗で以前も何回も登っているのにこんなに良かったかしらと記憶力の欠如に情けないYちゃんです。
走り降りるトレイルランの方が多くなりましたね。
我々は滑らないようにと気を付け気を付け、楽な山ですが慎重に降りました。
何でも金曜に卓球の試合があるとか、友人二人とは岐阜で住んでいた時に同じチームで練習していましたね。相変わらずの元気の良さ!頑張ってください。
次女さんはすっかり山ガール、そしてお孫ちゃんは将来山岳カメラマン?
若い人はいいですねえ~♪


2018年4月24日火曜日

2018年4月22日(日曜日) 富士写ヶ岳(941.9M)~火燈山(803M) 石川県加賀市

2018.4.22 富士写ヶ岳~火燈山  晴れ 8名

福井(6:55)…駐車場(7:50)…大内登山口(8:00)…(9:40)富士写ヶ岳(10:10)…小倉谷山(11:40~12:15)…火燈山(12:30~13:30)…大内峠(14:20)…駐車場(14:30)…福井

約1か月ぶりの参加、だが昨日29度、今日は27度くらいになると聞いて一度に夏となれば、暑さに弱いYちゃんは早々と賞味期限切れとなってしまう・・・
でもシャクナゲは見たいし頑張ろう!と出かけて来ました。竹田を過ぎ大内コースの先
火燈山の登り口の駐車場は日曜とあって車は多いが、連休の込み具合から見たらほんの少しかな…・
    車を停めた東屋のそばの桜はまだ綺麗でした。
大内コースを登り、周回して来ます。新緑が美しくこの時期は本当に心が洗われる気がする。


ヤブツバキは終わりかけ、トクワカソウが少しづつ現れます。ピンボケばかり(-_-;)
久しぶりなので、いつもよりペースは落ちます。今日は8名なので早い組と半々に分かれて歩いてますが、その中間を歩く感じでマイペース・・・

展望の開ける尾根に近づくとシャクナゲがお出迎え

    タムシバとシャクナゲとこれから向かう小倉谷山と火燈山

 うんうん、綺麗に咲いてるよ。この豪雪に耐えてよく頑張って咲いてくれたねと褒めて歩きました。まだ蕾も多く、連休中まで楽しめるでしょう。




スミレさん、貴女も頑張ってますね。

  振り返って  まだ北斜面には残雪があります。

   山頂には昼食中の登山者が…、G.W中は座る所がない程になりますが。
 ここで後続のメンバーを待ち、元気に到着し全員が周回すると言うのを確認し、私達は不惑新道に。少し下ると残雪が100M程の間残ってました。首のタオルにはさんで気持ちいい~!


シャクナゲは所々咲いていましたが、昨年ほどでは無いような・・・
 蕾も多いので今からでしょうか。



  道の両脇はトクワカソウ(イワウチワ)の群生  

 このコースは特にタムシバが多く、その真っ白な花は青空に映えます。
白山を左に眺めながら、アップダウンが続く稜線は残雪の残る谷から涼しい風が上がり、気持ちよいのですが、なかなか小倉谷山に着かない・・・

     本当に真っ白!

残雪と芽吹いたばかりの新緑 やさしい色合いがいつもながら素敵
最後、急登を登りかえすと小倉谷山に到着。元気な京の宮とJちゃんもう食事が終わって
いる。少し先でお昼寝しててもらって、Sちゃんと私も食事。終わった頃後続のメンバーが到着したので、又先に行かせてもらう。


火燈山からの小倉谷山(910.6M) 左に見える山々を巡って来ました。

ここで全員揃うまで待ち、下山開始。









大内コースのシャクナゲは沢山咲いてました。このコースはシャクナゲの咲いている区間が長く、ずっと楽しみながら降りて行けます。

長かった行程も終わりに近づき、大内峠に降りて来ました。
暑かったけど、乾燥していてしのぎやすかったですね。駐車場で全員揃うのを待ち、竹田の温泉に入って帰ろうとしましたが、しだれ桜の見物客の車で近づくこと出来ず、Uターンして帰福。皆さんお疲れ様でした(^_^)v